所沢は、心から安心して暮らせるホームタウン。ここでできること、ここからできることを探り続ける〈negombo 33〉。
池袋線
西所沢駅

所沢は、心から安心して暮らせるホームタウン。ここでできること、ここからできることを探り続ける〈negombo 33〉。

地元はもちろんのこと、遠方のカレーファンをも惹きつける〈negombo 33〉。彼らの目的は、趣味の食べ歩きと本場の味に触れ培った経験値、そして真摯な研究に裏づけされた、山田孝二さんにしかつくり出せないカレーです。このオリジナルカレーをベースに、山田さんは所沢から発信できることをさまざまに追求し続けていました。

山田孝二さん 西武線在住歴12年

食品関係の会社勤務を経て、2009年にカレー店〈negombo 33〉をオープン。

暮らすにも、商いするにも。最適な物件があったのは、いつも所沢だった。

山田孝二さんが居住の地に所沢を選んだのは、二度とも、気に入った物件を見つけてしまったから。最初は独身でサラリーマンだった時。駅から近いうえ、庭も駐車場もついている平屋の古い一軒家に2年ほど住んだそう。その後、事情があって一度は離れたものの、カレー店開業のための最適な物件と出会い、再びこの地へ。現在は店のほど近くで、奥さんとお嬢さんの3人暮らしです。

店舗は、入り口で靴を脱ぎ、厨房をぐるりと囲む掘りごたつ式のカウンター席という珍しいスタイル。「以前は飲み屋だったようで、厨房のなかの小棚をつけ足した以外は、ほぼそのまま使っています。じつは僕、結婚する前は、この2階に住んでいたんですよ」と山田さん。

店名の〈negombo 33(ネゴンボサンジュウサン)〉の“ネゴンボ”とは、前述の平屋の一軒家に住んでいた頃に飼っていた猫の名前(ちなみにもう1匹は“コロンボ”)。サラリーマン時代に出張で行っていたスリランカの地名で、響きが気に入ったのが由来です。食品関係の仕事でインドやスリランカへ出張中に数多のカレーを食べた経験値は、〈negombo 33〉の味づくりにかなり役に立ったといいます。

そもそもサラリーマンがどうしてカレー屋に? 〈negombo 33〉誕生の理由とは。

「僕ね、カレーの食べ歩きが好きな、よくいるタイプのサラリーマンだったんです(笑)。でも、その頃はどこか不完全燃焼というか、仕事に24時間夢中にはなれていなくて。そのうち、自分は一体何をしているんだろうという気持ちを抱くようになりました」

その思いを悶々と抱えたままにせず、「このままじゃいけない、やりたいことをやってみよう」と具体的に行動に移した山田さん。趣味のカレーを生業に変えるために、飲食店経営の学校とインド料理の教室に通い、“やりたいこと”を実現するための準備をぐんぐん進めていきました。

そして、店を構えて早くも10年。〈negombo 33〉だけのオリジナルの味を確立し、いまやカレー好きには有名な、遠方からもお客さまが訪れる店になりました。しかしそれだけでは飽き足らず、レトルトカレーの開発販売、フランチャイズ店舗出店、他店やキッチンカーへの卸し、料理教室の講師など、店外での活動も山田さんは精力的にこなしています。

「お世話になっている方、おつきあいのある方に声をかけてもらって出向いていくと、そこでまた新しい人との出会いがある。小さい店だけではどうしても限界がありますから、店以外の仕事もやっていきたいんです」

地元の方とのつながりも強固なようで、現在は、所沢でカフェをオープンしたいという人を、メニュー開発などでサポート中なんだそう。

カレーをベースに、できることは臆さずチャレンジ。ホームタウンへの恩返しも。

「所沢に住んで、のべ12年。暮らすごとに所沢がどんどん好きになってきています」。そう話す山田さんは東京出身ながら、「たまに仕事で都内に出るんですけど、もはや早く所沢に帰りたいと思っちゃう。人が多すぎず、のんびりしていて、マイペースに過ごせるので落ち着けるんです」と、すっかりこの地が心から安心できるホームタウンになっているようです。

電車で30分ほどで都心にも出られ、クルマなら近くの所沢ICから高速も利用しやすく、利便性もなかなかのもの。それでいて自然が豊かなのが所沢の大きな魅力だと語る山田さんは、その自然を守る活動を去年から始めました。

「10年以上住んでいるこの地域に微力ながら貢献できればと、「所沢の森ブレンド」という珈琲の商品の売り上げの一部を、狭山丘陵の自然を守る団体に寄付しています。お客さまの紹介で、財団の方と知り合えたのがきっかけ。所沢でやっているような、いわゆるナショナル・トラストの活動が広く知られ、理解されてほしい」

〈negombo 33〉を基点にしながら、気になったことにはジャンルを問わず、フットワーク軽く、即、行動に移す。自分が動いてみないことには新しい何かは始まらない。そこに躊躇がないのは、人との出会いで自分の可能性が広がっていくのを身をもって知っているからです。

やりたいことを自力で始めて、今年でちょうど開店10周年。いままでいちばん長く続いた仕事でも4年だそうなので、すでに最長記録です。

「この店を始めて本当によかったと思っているんです。生きている限り、続けていきたいですね」

今回ご紹介した〈negombo 33〉について

〈negombo 33〉
住所:埼玉県所沢市星の宮1-9-1
電話:04-2928-8623
営業時間:11:30~15:00LO
定休日:月、日
公式サイト:http://negombo33.com

(photo: Jiro Fujita/photopicnic text: Mick Nomura/photopicnic)

○次回の更新は8月14日!東久留米の木工所を取り上げます。お楽しみに。

お気に入りスポットを聞きました!

「おいしすぎておかわりしてしまったラーメンは生まれて初めてでした」と山田さんが太鼓判を押すラーメン店。いまでは飲食店経営者として尊敬し合い、お互いのお店の客同士という間柄です。
中華そば 桃李
「おいしすぎておかわりしてしまったラーメンは生まれて初めてでした」と山田さんが太鼓判を押すラーメン店。いまでは飲食店経営者として尊敬し合い、お互いのお店の客同士という間柄です。
山田さんがお気に入りの定番メニューは、看板商品の鶏白湯にアオサのトッピング。濃厚なのにしつこくなくさっぱりとした味わいの秘密は、ダシの隠し味に使っている狭山茶の効果もあるのでしょうか?
中華そば 桃李
山田さんがお気に入りの定番メニューは、看板商品の鶏白湯にアオサのトッピング。濃厚なのにしつこくなくさっぱりとした味わいの秘密は、ダシの隠し味に使っている狭山茶の効果もあるのでしょうか?
店主の田村洋さんの熱心な探求心から生まれる月替わりの限定メニューも要チェック。■住所:埼玉県所沢市日吉町19-12 ■電話:04-2921-6680 ■営業時間:11:30~15:45LO、17:00~20:15(LO) ■定休日:火、第3水
中華そば 桃李
店主の田村洋さんの熱心な探求心から生まれる月替わりの限定メニューも要チェック。■住所:埼玉県所沢市日吉町19-12 ■電話:04-2921-6680 ■営業時間:11:30~16:00、17:00~20:30(昼夜LO15分前) ■定休日:火、第2水
切り花だけでなく、多肉植物や観葉植物、天井から吊られたドライフラワーも印象的な、シックなお花屋さん〈ハロガロ〉。花に魅せられて転職、地元で起業した成瀬拓也さんがオーナーです。
Hallo Gallo
切り花だけでなく、多肉植物や観葉植物、天井から吊られたドライフラワーも印象的な、シックなお花屋さん〈ハロガロ〉。花に魅せられて転職、地元で起業した成瀬拓也さんがオーナーです。
「知人の開店祝いなど、花を贈るときはいつもお祝いのお花をお任せでお願いしています。成瀬さんの人柄とセンスの良さといったら!」と山田さんからの信頼もとても厚いのです。
Hallo Gallo
「知人の開店祝いなど、花を贈るときはいつもお祝いのお花をお任せでお願いしています。成瀬さんの人柄とセンスの良さといったら!」と山田さんからの信頼もとても厚いのです。
今春には西荻窪に2店舗目をオープン。住所:埼玉県所沢市東町10-5 電話番号:04-2941-3082 営業時間:10:00~20:00(日 〜18:00) 定休日:火 https://hallogallo.net
Hallo Gallo
今春には西荻窪に2店舗目をオープンした。■住所:埼玉県所沢市東町10-5 ■電話番号:04-2941-3802 ■営業時間:10:00~20:00(日 〜18:00)  ■定休日:火 ■https://hallogallo.net
狭山丘陵にある5つの都立公園のうちのひとつ。鬱蒼とした雑木林、芝生の広場、大きな池と、さまざまな景観を擁しています。多摩湖に面していて開放感もたっぷり。
都立狭山公園
狭山丘陵にある5つの都立公園のうちのひとつ。鬱蒼とした雑木林、芝生の広場、大きな池と、さまざまな景観を擁しています。多摩湖に面していて開放感もたっぷり。
「ちょうどいいサイズ感の公園のなかに、広い芝生と湖の開放感。のんびり、ボーッとできる場所です」と山田さん。春のサクラ、秋のイチョウなど、季節ごとの植物も目の保養になります。
都立狭山公園
「ちょうどいいサイズ感の公園のなかに、広い芝生と湖の開放感。のんびり、ボーッとできる場所です」と山田さん。春のサクラ、秋のイチョウなど、季節ごとの植物も目の保養になります。
西武多摩湖線「西武遊園地」駅から徒歩わずか5分。駐車場も充実しているので、クルマでも。アクセスが非常によいところも魅力の公園です。住所:東京都東村山市多摩湖町3-17-19(管理所)
都立狭山公園
多摩湖線「西武遊園地」駅から徒歩わずか5分。駐車場も充実しているので、クルマでも。アクセスが非常によいところも魅力の公園です。■住所:東京都東村山市多摩湖町3-17-19(管理所)

Area Map 紹介エリアマップ

通勤・通学も便利な街。Hanakoオリジナル
西武線沿線マップ