老舗の実績に、遊び心をプラスして。〈細田木工所|SOF SENSE OF FUN〉が企む街開き。
池袋線
東久留米駅

老舗の実績に、遊び心をプラスして。〈細田木工所|SOF SENSE OF FUN〉が企む街開き。

生まれも育ちも、東久留米。「この土地の魅力にあらためて気がついたのは、子どもが生まれて、自分が親になってからでした」と〈細田木工所〉の細田真之介さんは言います。地元の環境は知らずして、自分にとってかけがえのない要素となっていたのです。そんなこの土地の魅力を、自分なりに発信していきたい。真之介さんは決心を固め、動き出したところです。

細田真之介さん 西武線在住歴27年

生まれも育ちも東久留米。家業の〈細田木工所〉を3代目として引き継ぎつつ、「Sense Of Fun」としても活動する。

地元に根づいて60年。親子3代かけて進化し続けている〈細田木工所〉。

細田真之介さんがものづくりに魅了されたのは、高校生の時。「父親が、システムベッド(2段ベッドの下がデスクになっている家具)をつくってくれたんです。こんなのが手作業でできちゃうんだ!って、すごく興奮したのを覚えています」。父の仕事ぶりに魅了されたのは、ちょうどサッカー部を辞め、夢中になる対象を失ってしまったタイミングだったことと無関係ではなかったかもしれません。

その後、大学は理工学部建築科へ進学して知識を蓄え、休暇中には家業を手伝って現場の経験を積み、そうして真之介さんはだんだんと家業に参画していったのでした。

現在はお父さんと真之介さん、奥さんの季実子さん3人で営んでいる〈細田木工所|SOF SENSE OF FUN〉。初代の祖父は建具屋として、2代目の父は1級建築士の資格をもち、住宅のリフォームやオーダーメイド家具などを手がけ、3代目の真之介さんは自社製品の開発・販売、それを基軸とした新しいものづくりにも取り組んでいます。〈細田木工所〉は東久留米のこの場所で60年間、親子3代を経て、変化し続けているのです。

知らずして手に入れていた宝物。東久留米の恵まれた環境にいまになって触発されて。

真之介さんご夫婦はともに、生まれも育ちも東久留米。でもこの場所の魅力に本当に気がついたのは、お子さんが生まれてからだと言います。

「それまでは、のどかで何もないところだな、と思っていたくらい。だけど、自然いっぱいの川や公園がすぐ近くにあって、とてもいい環境に暮らしているって再確認したんですよね。あらためて考えてみると、僕は知らない間に東久留米の環境にずいぶん助けられてきていたんだな、とも」

そんな認識から、地元を盛り上げたいという気持ちが芽生えたのは自然な流れでした。地元に長年根ざしている会社の3代目として、何かできることがあるのではないかと考えるようになったという真之介さん。

そうして始まったのが「Sense of Fun(=遊び心)」というプロジェクトでした。この活動には友人たちを巻き込むことにしました。自分だけではできないことでも、各人の技能を持ちよれば、できることの可能性が広がるからです。メンバー9人は、カメラマン、ウェブデザイナー、建築士、映像作家など、みな手に職をもつ同世代。

「友人たちは会社勤めをしていますから、SOFの活動はあくまでも副業。でもその代わりに、自分の作品がつくれて、表現欲を満たすことができる。だから、楽しんで参加してくれていますし、大学時代の仲間のつながりなので、気心が知れていて仕事しやすいのもいいですね」

これまでパンフレット制作、店舗のブランディング、空間づくりなどを手がけてきましたが、現在は東久留米の街を舞台にしたプロジェクトを進行中(まだ発表できないのが残念!)だそう。じつは真之介さん、商工会の理事も務めています。根っからの地元っ子として街を活性化させるべく、内側からの改革も目論んでいるというわけです。

子育てしやすく、暮らしやすく。地元の人間として、東久留米をますます魅力的にするために。

真之介さんが直近でやりたいと考えているのは、DIY可の賃貸物件の運営。築年数の古い空き家は、東久留米には潜在的にたくさんあるはず。それらを開拓し、〈細田木工所〉を解放して、住む人たちが自分の家具を自分でつくるような、そんなことができないだろうか──。

「空き家を持て余している方は少なからずいるはずだし、住みたい側にとっても、家を買うという大きなリスクを負わずに楽しく暮らしをつくっていける。家を貸す側と借りる側、相互にメリットがある方法なのではないかと思うんです。そして〈細田木工所〉が、双方をつなぐ役割になれたらなって」

東久留米がますます子育てしやすく、暮らしやすく、楽しい街になるための構想のひとつです。「僕にとって制作は目的ではなく、手段。それによって生活を変えたい、それほどのインパクトを与えたいっていう思いのほうが強いんです。なので、もしかしたら僕は、気質としては職人ではないのかもしれません」

けれどもあくまでも地元の木工所として、地元の人の楽しい暮らしを応援する姿勢はぶれていません。東久留米の街開きを目指して、真之介さんは今日も、手を動かしながら頭をフル回転させています。

今回ご紹介した〈細田木工所|SOF SENSE OF FUN〉について

〈細田木工所|SOF SENSE OF FUN〉
■住所:東京都東久留米市新川町2-9-7
■電話番号:042-427-4805
■公式サイト: http://sof.boo.jp

(photo: Natsumi Kakuto text: Mick Nomura/photopicnic)

○次回の更新は8月28日!石神井公園の雑貨屋さんを取り上げます。お楽しみに。

お気に入りスポットを聞きました!

「平成の名水百選」に東京都で唯一選定されている落合川と南沢湧水群は、「水と緑の街」をテーマに掲げる東久留米市の象徴ともいえる存在。東久留米駅のすぐそばに、こんな景観が広がっているとは驚きです。
落合川と南沢湧水群
「平成の名水百選」に東京都で唯一選定されている落合川と南沢湧水群は、「水と緑の街」をテーマに掲げる東久留米市の象徴ともいえる存在。東久留米駅のすぐそばに、こんな景観が広がっているとは驚きです。
夏場には、近所の子どもたちが豪快に入水して遊ぶ姿が見られます。もちろん真之介さんご夫妻も「川に飛び込んだり、ザリガニをとったり、ヒルに咬まれたり(笑)」と、幼少時にはここでよく遊んでいたそう。
落合川と南沢湧水群
夏場には、近所の子どもたちが豪快に入水して遊ぶ姿が見られます。もちろん真之介さんご夫妻も「川に飛び込んだり、ザリガニをとったり、ヒルに咬まれたり(笑)」と、幼少時にはここでよく遊んでいたそう。
川に沿って遊歩道を行けば、「いこいの水辺」、「竹林公園」、「南沢氷川神社」といった見所も。東久留米が誇る市民の憩いの場は、細田家にとっても大切な存在です。■住所:東久留米市南沢
落合川と南沢湧水群
川に沿って遊歩道を行けば、「いこいの水辺」、「竹林公園」、「南沢氷川神社」といった見所も。東久留米が誇る市民の憩いの場は、細田家にとっても大切な存在です。■住所:東久留米市南沢
東久留米が“22番目”に都に認可された市であること、市の花が“つつじ”であること、そしてオーナーの名前の頭文字が“j”であること。それに、店前に広がる大きなテラス。それが〈つつじテラス〉の名前の由縁です。
22j TERRACE
東久留米が“22番目”に都に認可された市であること、市の花が“つつじ”であること、そしてオーナーの名前の頭文字が“j”であること。それに、店前に広がる大きなテラス。それが〈つつじテラス〉の名前の由縁です。
懐かしの駄菓子とゲームに、自家製クレープやかき氷、軽食にコーヒーにビール。それから、おしゃれな輸入子ども服。〈つつじテラス〉には、親にとっても子どもにとっても、楽しみがいっぱい詰まっています。
22j TERRACE
懐かしの駄菓子とゲームに、自家製クレープやかき氷、軽食にコーヒーにビール。それから、おしゃれな輸入子ども服。〈つつじテラス〉には、親にとっても子どもにとっても、楽しみがいっぱい詰まっています。
ご家族で営む、長居必須のアットホームなくつろぎ空間。■住所:東京都東久留米市氷川台1-1-15 電話:042-478-2728 ■営業時間:平日11:00〜17:00 土日10:00~17:00 ■定休日:月、第3日 ■<a href="https://22jterrace.com">https://22jterrace.com</a>
22j TERRACE
ご家族で営む、長居必須のアットホームなくつろぎ空間。■住所:東京都東久留米市氷川台1-1-15 電話:042-478-2728 ■営業時間:平日11:00〜17:00 土日10:00~17:00 ■定休日:月、第3日 ■https://22jterrace.com
昭和63年にオープンした正統派の喫茶店。自家焙煎の豆をハンドドリップで淹れるコーヒーのほか、ワッフルなどフードも充実。親に連れられて幼少時から通っていたという細田さんのイチ押しは「ナポリタンも捨てがたいけど……ホットサンドセットです!」。
るぽ コーヒーハウス
昭和63年にオープンした正統派の喫茶店。自家焙煎の豆をハンドドリップで淹れるコーヒーのほか、ワッフルなどフードも充実。親に連れられて幼少時から通っていたという真之介さんのイチ押しは「ナポリタンも捨てがたいけど……ホットサンドセットです!」。
店内は吹き抜けになっており、1階と2階に気持ちよく落ち着ける客席が広がります。いわゆる郊外型のお店で駅からは少し距離がありますが、その代わり広い駐車場が完備されており、クルマでのアクセスは良好。
るぽ コーヒーハウス
店内は吹き抜けになっており、1階と2階に気持ちよく落ち着ける客席が広がります。いわゆる郊外型のお店で駅からは少し距離がありますが、その代わり広い駐車場が完備されており、クルマでのアクセスは良好。
志木街道沿いにすばらしい建物を見つけたら、それが〈るぽ〉。■住所:東京都清瀬市中清戸5-201 ■電話:042-491-9020 ■営業時間:8:00~21:00(日19:00) ■定休日:なし
るぽ コーヒーハウス
志木街道沿いにすばらしい建物を見つけたら、それが〈るぽ〉。■住所:東京都清瀬市中清戸5-201 ■電話:042-491-9020 ■営業時間:8:00~21:00(日19:00) ■定休日:なし

Area Map 紹介エリアマップ

通勤・通学も便利な街。Hanakoオリジナル
西武線沿線マップ