食を介して “幸せ”を広げる。小手指のベーカリー〈麦兵衛〉が探求する、地域コミュニティと存在価値。
池袋線
小手指駅

食を介して “幸せ”を広げる。小手指のベーカリー〈麦兵衛〉が探求する、地域コミュニティと存在価値。

西武鉄道池袋線の小手指駅。所沢市のベッドタウンであるここには、駅前や街道沿いに、多様な店がひしめいています。そのなかでも、硬派な出で立ちで強い個性を放っているのがベーカリー〈麦兵衛〉。ピザ生地を追求しているうちに、イタリアンの料理人からパン職人へ。研究熱心なオーナーの阿部淳さんがこだわり続けるのは、人間の根源的な生き方への共感と憧憬でした。
麦兵衛 小手指

阿部淳さん 西武線在住歴40年以上

イタリアでの料理修業から帰国後、ピッツェリアやベーカリーの立ち上げなどに関わる。2009年、地元・小手指にベーカリー〈麦兵衛〉をオープン。

地元の食材を使うという使命感に駆られて。

できるかぎり地元の食材を使う──。〈麦兵衛〉のポリシーは、阿部淳さんがイタリアで料理修業をしていたころ、感じ入ったことに由来します。

「そもそもイタリア料理というのは地方料理がほとんど。特産物を使った料理が、その土地の名物になっていることが多いんですね。そのことにすごく自然な道理を感じたんです。そうだよな、食べ物というのは本来そういうものだよなあって。土地の人たちは自分たちの文化に誇りを持っていて、それぞれが“おらが街がいちばん”と本気で思っていて、ああ、かっこいいなあと思いました。地元のこともロクに知らずにイタリアに勉強しにきている自分が、ちょっと恥ずかしくなってしまったくらい」

阿部さんは帰国後、あらためて地元・埼玉の食材に意識を向けるようになりました。この土地にある魅力的な食材を探す感覚というよりはむしろ、「小麦粉であれば、なんとかパンにできるだろう。食材であれば、どうにか商品に仕立てられるだろう。あるものでなんとかやってやる、という使命感のほうが先に立っていました」。

おいしいけれども、グルテンの伸びがよくなく膨らみづらいため、パンづくりに最適とはいえない埼玉県産小麦「ハナマンテン」にこだわっているのも、県産の素材を使いたいという使命感からです。

ところが幸いなことに、地元には良質な食材が豊富に存在していました。特に野菜はすばらしい、と阿部さん。なかでも里芋、小松菜、ほうれん草は日本一といえる品質でつくる生産者がいるそうです。仕事の合間の休憩時間にさっと農家さんに会いに行ける距離感も、地産物を使う利点のひとつだといいます。

住み心地は最高!小手指界隈は“中間”にあり、いい塩梅。

阿部さんの出身は、店のある所沢市のお隣、狭山市。いかに恵まれた環境に育ったか、いまになって再認識しているそうです。

「僕にとって、西武園ゆうえんちと西武球場は象徴的な存在。子どもの頃はどちらにもよく通っていて、近くに遊園地や球場があるのを当たり前に思っていました。でも、それって実はそうそうない貴重な環境だったんだと、大人になってから気がついたんです」

ちょうどこの週末にもお子さんを連れて飯能に登山してきたそうで、アウトドアも手軽にできてしまう自然との近さも魅力。それでいて街にはショッピングセンターもあって生活に不便はなく、映画館などもありエンターテインメントにも事欠きません。
「都会でも田舎でもない“中間”の、じつにいい塩梅が小手指なんです。住み心地は最高ですよ」ときっぱり言い切る阿部さんの発言にも納得できるというもの。小手指は西武鉄道池袋線の始発駅のひとつということもあって都内で働く人びとがたくさん住んでおり、〈麦兵衛〉にはそんなお客さまも多く訪れるそうです。

ベーカリー?それともピッツェリア?〈麦兵衛〉の最終到達地点とは。

イタリア料理の修業中、ピザ生地を学ぶ一環でパンづくりに携わるようになったのがきっかけで、ついにはベーカリーのオーナーになってしまった阿部さん。しかし現在のこの状態は仮の姿……とはいわないまでも、真の姿とはいえないようです。

というのも、阿部さんにとって、いまはまだ計画の途中段階。ゆくゆくはベーカリーにピッツェリアを加えたお店をやりたいと考えています。しかし、それでもまだ、最終形態とはいえないのかもしれません。

「社会という大きな視点から見た、パン屋の役割。今後の僕の人生から捉えた、この店の役割。そう考えた時、パン屋やピッツェリアではない店のかたちもあり得るかもしれないと思っているんです」

地域の農家がつくる食材を使うこと。地域のお店とコラボレーションして新しい商品をつくること。それらを通じて、地域のすぐれた素材を地元の消費者に知ってもらうこと。

パンでもピザでも、もしかしたらまったく別の他のものでも構わないけれど、自身が携われる “食”を介して、みんなで幸せを感じたいと阿部さんは考えているのです。

イタリアで見聞してきたコミュニティの原点を、自分の地元でも実現する。それが、阿部さんの目指す到達点です。

【今回ご紹介した〈麦兵衛〉について】

■住所:埼玉県所沢市小手指町1-27-16エスパスィオ101
■電話:04-2902-6455
■営業時間:8:30~19:00
■定休日:日曜日

(photo: Jiro Fujita/photopicnic text: Mick Nomura/photopicnic)

【アンケートに答えてプレゼントが当たるキャンペーン実施中!】

「Hanako w/ Seibu」に関するアンケートに答えていただくと、抽選で30名さまに、QUOカード3,000円分をプレゼント!【応募期間:2019/12/18~2020/4/30まで】

キャンペーン

お気に入りスポットを聞きました!

北田屋本店
北田屋本店
〈北田屋本店〉は1874年、現在と同じ場所で創業しました。よろず屋から始まった〈北田屋本店〉の歴史に大きな変化があったのは30年ほど前。5代目当主・北田直紀さんの父である先代が、ワイン専門店へと舵を切ったのです。
北田屋本店
北田屋本店
ソムリエでもある北田さん自ら産地に買い付けに出かけて直輸入しているから、いいワインが驚くほど良心的な価格で販売されています。「所沢界隈のワイン好きなら全員が〈北田屋本店〉さんのお世話になっているはず」と阿部さん。
北田屋本店
北田屋本店
ボジョレーの解禁時には、〈北田屋本店〉オリジナルブレンドのボジョレーに合う〈麦兵衛〉のパンも販売。■住所:埼玉県所沢市東狭山ヶ丘5-2720 ■電話:04-2922-0426 ■営業時間:9:00~21:00 ■定休日:火 ■https://kitadaya.co.jp
COSTA
COSTA(コスタ)
〈COSTA〉で提供される料理には、オーナーシェフの間渕英樹さんが国内外で培ってきた経験がぎゅっと詰まっています。実は間渕さんと阿部さんは、イタリアでルームメイトだったことも。縁あってご近所同士で店を持っています。
COSTA
COSTA(コスタ)
日本ではなぜかまだ知名度の低いスペインの定番料理「カルドソ」は〈COSTA〉のスペシャリテ。駿河湾のアカエビを使った出汁で炊いた米料理で、食事のシメにもぴったりです。写真は「海の幸のカルドソ」(1,680円~)。
COSTA
COSTA(コスタ)
スペイン料理をメインに、イタリアンのエッセンスも。■住所:埼玉県所沢市小手指町1-38-16 第11北斗ビル105号 ■電話:04-2946-8871 ■営業時間:11:30~14:00LO、18:00(土日祝17:30)~22:00LO ■定休日:月 ■https://www.costa2016.com
小手指公園
小手指公園
小手指公園は通称SL公園とも呼ばれていて、北海道で実際に活躍していた蒸気機関車D51 118(通称デゴイチ)が展示されています。水曜日以外の平日には、運転席に乗り込むこともできるそう!
小手指公園
小手指公園
小ぶりな敷地ではありますが、大人がまったりするのにぴったりなベンチのある広場と、子どもが遊べる大きなすべり台などがある遊具のエリアとに分かれていて、使い勝手はなかなかのもの。春は桜、秋は銀杏で彩られます。
小手指公園
小手指公園
〈麦兵衛〉からも〈COSTA〉からもすぐ近くなので、食後休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょう。■住所:埼玉県所沢市小手指町1-32 ■営業時間(SL公開日時):月火木金9:00~16:00

Area Map 紹介エリアマップ

Hanakoオリジナル 西武鉄道沿線マップ

通勤・通学も便利な街。Hanakoオリジナル
西武線沿線マップ