“豊かな暮らし”を日々実感できる場所。器と雑貨のセレクトショップ〈copse〉店主が魅了された都会田舎、石神井へ。
池袋線
大泉学園駅

“豊かな暮らし”を日々実感できる場所。器と雑貨のセレクトショップ〈copse〉店主が魅了された都会田舎、石神井へ。

大泉学園駅より徒歩10分、石神井公園にほど近い、住宅街の商店街にひっそりと佇む〈copse(コプス)〉。さまざまな表情の国内作家の器や、着心地のいい洋服、毎日のごはんやおやつが待ち遠しくなる調味料や焼き菓子など、暮らしに添えたくなる衣食住のアイテムがひしめきます。そもそもは、「暮らす」目的で石神井に引っ越してきた店主の小森知佳さん。お店を開いた理由には、住んで実感したこの街の魅力があふれていました。

小森知佳さん 西武線在住歴20年

引っ越しをきっかけに、石神井公園周辺ののどかな雰囲気に魅了され、9年前に〈copse〉をオープン。

住んでみて魅了された、都会なのに田舎のような自然を身近に感じられる環境。

20年ほど前から石神井に暮らしながら、中央線沿線に引っ越したいと考えていた小森知佳さん。石神井に長年暮らすことや、ましてやお店を持つなんて当初は考えてもいなかったそう。「公園の近くに住みたいと思っていて、でも希望するエリアになかなか予算が合う物件が見つからず。偶然、石神井公園の近くの物件に出合って、なかば『ま、いっか』という気持ちで石神井に根をおろすことになりました」

妥協にも近い気持ちで続けることになった石神井暮らし。ところが、新居に引っ越し、今まで知らなかった魅力に気づかされます。

「それまでは石神井公園駅の環八寄りに住んでいたのですが、同じエリアでも公園付近のことはよく知らなかったんです。ボート池の周囲だけが石神井公園だと思っていましたし。実際に住んでみたら、三宝寺池が気持ちのいい森に囲まれていたり、近所に農家がたくさんあって、即売所で採れたての野菜が売られていたりして、都会なのに田舎のような自然を身近に感じながら暮らせる理想的な場所だと思いました」

そうして石神井を気に入っていくと同時に、「こんなに環境がいいのに何かが足りない」と感じ始めた小森さん。

「素敵な店がたくさんある街なら、店を始めようなんて思わなかったはず。すでに街として満たされていますから。石神井が素晴らしい公園だけでなく、ほかにも立ち寄れるところがあればもっと楽しみが増えるのになって。それで、地元を少しでも魅力ある場所にしたい、石神井の魅力をたくさんの方に知ってもらいたいと店を始めました」

「井」で繋がる、ものづくりのコミュニティと絆。

毎年5月に開催されるイベント、「井のいち」に今年も参加した〈copse〉。「井のいち」の「井」とは、石神井、井草、井荻など水にちなんだ地名が多いこの地の総称。この地域で活動している作家や店主の作品の物販やワークショップ、地元で人気の飲食店も出店する街ぐるみの「市」は、住民たちが楽しみにしているイベントのひとつです。

「お店をオープンするとき、フリーペーパー『井』と『井のいち』を主宰する石神井町のギャラリー『knulpAA(クヌルプエーエー)』さんをはじめとする人々に出会えたことは、とても大きかったですね」

『井』に掲載されたことや「井のいち」への参加が〈copse〉を知ってもらえるきっかけになり、お店同士の横の繋がりや交流も生まれたそう。

「この地域には、いい街にしたいという思いを抱いて活動している人が多い。それぞれの活動が街の魅力になっている気がしますし、見えない絆でつながることができて私自身とても心強いです。お客さまも、地元に愛着を持っている方が多いですね」

ここに住み、店を営んで気づいた“豊かな暮らし”の本質。

店名の〈copse〉とは雑木林の意。小森さんのお店には、石神井公園の自然に寄り添うような、心地いい暮らしを演出してくれるアイテムが並びます。

「セレクトの基準は、私の好きなものであると同時に、ここの暮らしに似合う気持ちのいいもの。なるべく素材や独自の作風にこだわっている作家さんや、まだよく知られていないけれどユニークなものづくりをされている方にご紹介したいです。最寄りの大泉学園駅から少し離れていますが、わざわざ来てくださったお客さまに、『また来たい!』と思ってもらえるものを置こうと心がけています」

せっかく来てくれたなら、この街に流れる時間を感じてほしい。そんな思いから、ゆっくり過ごしてもらえるようにコーヒーや焼き菓子も用意。外のレトロな商店街の風景を眺めながら、のんびりと過ごす時間にほっこり心が和みます。

お客さまはご近所さんだけでなく、西武線が副都心線と直通してからは、横浜方面からここを目指して訪れるお客さまも珍しくないそう。お店のオープンから9年。街の発展とともに、駅から離れた小さなお店にも、ささやかな変化が生まれています。

「もしかしたら同じ石神井でも、駅の近くと〈copse〉のように駅から離れた場所では、雰囲気や流れる時間もちょっと違うかもしれません。私の場合、自宅と店の間に公園があり、わざわざ出かけなくても常に公園が生活の一部になっています。野菜はスーパーで買わず即売所や農協で。採れたての野菜が買えるのはもちろん、並んでいる野菜を見るだけで季節の移ろいを感じられますし、それは、人も自然の一部として生かされていることを実感することにもつながります。そうしたことを日々感じられることが、豊かさではないかと思います」

今回ご紹介した〈copse〉について

〈copse〉
■住所:練馬区石神井台3-24-39 ロイヤルコトブキ1F
■電話:03-6913-1544
■営業時間:11:30~17:30
■定休日:不定休(webカレンダーを要確認)※企画展中は無休
■公式サイト:http://www.copse.biz/

(photo:Hiromi Kurokawa text:Ayano Sakai)

お気に入りスポットを聞きました!

「石神井公園にはボート池と三宝寺池の2つの池がありますが、三宝寺池の鬱蒼とした深い森は貴重です」(小森さん)。芝生の広場がある松の風文化公園や「井のいち」が開催される氷川神社も隣接。
三宝寺池
「石神井公園にはボート池と三宝寺池の2つの池がありますが、三宝寺池の鬱蒼とした深い森は貴重です」(小森さん)。芝生の広場がある松の風文化公園や「井のいち」が開催される氷川神社も隣接。
池の周囲にはベンチもあり、森の木陰で読書をしたり写生をしたり、バードウォッチングをしたりと、豊かな自然に引き寄せられるように思い思いに過ごす人が集まり、ボート池より静かで落ち着いた雰囲気が漂います。
三宝寺池
池の周囲にはベンチもあり、森の木陰で読書をしたり写生をしたり、バードウォッチングをしたりと、豊かな自然に引き寄せられるように思い思いに過ごす人が集まり、ボート池より静かで落ち着いた雰囲気が漂います。
樹林におおわれた池は、四季それぞれに美しい景色が広がっています。池のほとりにめぐらされた木道は、森林浴をしながら自然観察を楽しめます。■住所:練馬区石神井台1-26-1 ■電話:03-3996-3950(石神井公園サービスセンター)
三宝寺池
樹林におおわれた池は、四季それぞれに美しい景色が広がっています。池のほとりにめぐらされた木道は、森林浴をしながら自然観察を楽しめます。■住所:練馬区石神井台1-26-1 ■電話:03-3996-3950(石神井公園サービスセンター)
「植物学者、牧野富太郎の自宅跡地が開放された施設。木々の中を歩いているだけで気持ちよくなれます。入園無料なので、〈copse〉に来たついでに気軽に寄り道してみてください」(小森さん)。
練馬区立牧野記念庭園
「植物学者、牧野富太郎の自宅跡地が開放された施設。木々の中を歩いているだけで気持ちよくなれます。入園無料なので、〈copse〉に来たついでに気軽に寄り道してみてください」(小森さん)。
庭園には、300種類以上の草木類を植栽。スエコザサやセンダイヤザクラ、ヘラノキなどの珍しい種類の植物も数多くあり、学問的にも貴重なものと評されています。
練馬区立牧野記念庭園
庭園には、300種類以上の草木類を植栽。スエコザサやセンダイヤザクラ、ヘラノキなどの珍しい種類の植物も数多くあり、学問的にも貴重なものと評されています。
園内にある牧野博士の書斎も保存・公開しています。■住所:練馬区東大泉6-34-4 ■電話:03-3922-2920 ■開園時間:9:00~17:00 ■休園日:火休(火曜が祝日の場合は、翌水曜休 )、年末年始(12月29日〜1月3日)
練馬区立牧野記念庭園
園内にある牧野博士の書斎も保存・公開しています。■住所:練馬区東大泉6-34-4 ■電話:03-3922-2920 ■開園時間:9:00~17:00 ■休園日:火休(火曜が祝日の場合は、翌水曜休 )、年末年始(12月29日〜1月3日)
〈copse〉から徒歩5分ほどの一軒家カフェ。「地元の野菜を使ったランチや、八ヶ岳の天然氷を使ったかき氷が人気」(小森さん)。写真のいちご練乳(830円)は、大泉「関口農園」のいちごで作った手作りシロップで絶品!
スノウドロップ
〈copse〉から徒歩5分ほどの一軒家カフェ。「地元の野菜を使ったランチや、八ヶ岳の天然氷を使ったかき氷が人気」(小森さん)。写真のいちご練乳(830円)は、大泉「関口農園」のいちごで作った手作りシロップで絶品!
大泉の農家さんの旬野菜をふんだんに使った「本日のスノウドロップランチ」(ドリンク付き)1,250円。この日は豚ひき肉のスパイス焼きとズッキーニ、サラダ、ポテトサラダ、レモンとハーブのスープ。内容は2週間ごとに変わります。
スノウドロップ
大泉の農家さんの旬野菜をふんだんに使った「本日のスノウドロップランチ」(ドリンク付き)1,250円。この日は豚ひき肉のスパイス焼きとズッキーニ、サラダ、ポテトサラダ、レモンとハーブのスープ。内容は2週間ごとに変わります。
店主の出身地である奈良の陶芸作家の作品や、真鍮作家のアクセサリーなども販売しています。■住所:東京都練馬区東大泉5-19-13 ■電話:090-7843-0443 ■営業時間:11:30~16:30(ランチLO15:00、カフェLO16:00) ■定休日:日月、第1、2土休  ■<a href="https://www.cafe-snowdrop.com/ ">https://www.cafe-snowdrop.com/ </a>
スノウドロップ
店主の出身地である奈良の陶芸作家の作品や、真鍮作家のアクセサリーなども販売しています。■住所:東京都練馬区東大泉5-19-13 ■電話:090-7843-0443 ■営業時間:11:30~16:30(ランチLO15:00、カフェLO16:00) ■定休日:日月、第1、2土休  ■https://www.cafe-snowdrop.com/

Area Map 紹介エリアマップ

通勤・通学も便利な街。Hanakoオリジナル
西武線沿線マップ